shadow
Pace University(ペース大学)
shadow
shadow
ペース大学 基本情報 プログラムと専攻科目  ELI (付属英語学校) その他の情報
shadow
shadow

Pace University ELI (ペース大学付属英語学校 ELI)

お問い合わせ・資料請求
shadow

Pace University ELI (ペース大学付属英語学校)
 New York Campus (ニューヨーク校)のプログラム詳細
 Westchester Campus (ウェストチェスター校)のプログラム詳細
 FAQ (よくある質問)
 Apprez Links (アプレ役立つリンク集)


■ Pace University ELI (ペース大学付属英語学校 ELI)
http://appserv.pace.edu/execute/page.cfm?doc_id=7128

Pace University(ペース大学)ペース大学付属英語学校(ELI)は、学生や短期滞在者や移民の英語力向 上を目的としています。幅広いプログラムを通して、学問やキャリアや個人の目的を達成できます。ELIの教師はベテランで熱心で、修士号を持っています。 ELIの学生は、図書館、コンピューター、カフェテリア、スポーツセンター、医療・カウンセリングサービス、留学生オフィスを利用できます。

2つの便利なキャンパスのうち一つを選ぶことができます。ニューヨークキャンパスはマンハッタン 南部に位置し、 チャイナタウンやリトルイタリーやウォール街の近くにあります。学生は街を簡単に探索できます。

ウエストチェスターキャンパスは、ウェストチェスター郡の町から40分の距離にあります。 ニューヨークからも近い閑静なキャンパスで、スイミングプールやフィットネスセンターなどの近代的なリクレーション施設を利用できます。 どちらのキャンパスでも、ELI が計画したアクティビティに参加でき、実戦的に英語を使う機会が持てます。


shadow
arrow

ペース大学ニューヨーク校付属 英語学校のプログラム詳細

shadow

Pace University(ペース大学)■ Pace University ELI ニューヨーク校の集中英語プログラム

英語を学習する目的が、学問のためでも、キャリアで目標を達成することでも、生活を改善するためでも、ELI コースにお任せ下さい。 文法やライティングの本質を学び、リスニングやスピーキングや発音のスキルを改善します。さらにリーディングを通してボキャブラリーを強化します。

アドバイザーの協力の元で、以下のリストにあるコースなどから学習プログラムを選びます。F1 ビザの学生は最低でも週に18時間のクラスへの登録が必要です。
レベルは4つに分かれています。各レベルを修了するのに7〜14週かかります。(夏期は6〜12週です)

● 050 ― Advanced Beginner(上初級)
● 060 ― Low Intermediate(下中級)
● 070 ― High Intermediate(上中級)
● 080 ― Advanced(上級)

・ Grammar and Writing (文法&ライティング)
ライティングやテキストブックのエクササイズを通して文法を学びます。ミスの修正方法や、ライティングを編集し、修正する方法を学びます。

・ Conversation and Listening (会話&リスニング)
流暢な会話とリスニングの理解度を改善します。授業は英語でのコミュニケーションが中心です。オーディオやビデオやリーディング教材で会話やリスニングス キルを向上させます。

・ Reading and Vocabulary (リーディング&ボキャブラリー)
リーディング技術を学び、ボキャブラリーを増やし、読解力をつけます。 新聞や雑誌の記事や小説やテキストを読み、スキルや技術の実践方法を学びます。

・ Pronunciation - Consonants and Vowels (発音 ― 子音と母音)
正しい音を出すための基本的技術を学びます。母音と子音の形を学びます。個々の問題および共通の問題に取り組みます。 教師は正確な音の出し方を教え、学生に共通する発音の課題を正します。また、学生同士で評価し合うこともあります。

・ Pronunciation - Intonation, Stress and Rhythm (発音 ― イントネーション、強弱、リズム)
英語の音を学びます。イントネーションや音の強弱やその意味を分析します。 言葉や文章の強弱が相手に理解してもらうための重要性についても学びます。英語のリズムを学ぶことで、英語をはっきりと流暢に話せるようになります。

・ Idioms (イディオム)
イディオムを学ぶことで英語を流暢に話せるようになります。ニュースやラジオ番組、歌、ロールプレイ・エクササイズ、プレゼンテーション、雑誌、広告を利 用します。

・ Walking Tours of NY (Summer Only) (ニューヨーク・ウォーキングツアー [夏季のみ])
学生はリサーチ方法やオーガナイズする方法を学び、ニューヨークのいろいろな場所へツアーに出ます。 ニューヨークの魅力的な姿を知ることで、スピーキングやリスニングやプレゼンテーションスキルを実践します。

・ TOEFL and GMAT Preparation (TOEFL and GMAT 準備)
新しいインターネットでのテスト(iBT)のフォーマットやテスト戦略を学びます。 過去問題や練習問題を使って受験技術や時間配分、答えを推測する方法を訓練します。そして文法やボキャブラリーを復習します。(GMAT には数学も含まれます)

・ TOEFL Writing (TOEFL ライティング)
TOEFL のエッセイのスキルを学びます。トピックを読み取り、すばやく要点をまとめ、アイデアを膨らませ、パラグラフを作成し、 つなげて、結論付け、転換、編集する技術も含まれます。毎週の宿題を通して、30分の時間内で記述することに自信が持てるようになります。
Link Intensive English Program


■ New York City Campus Pre-MBA / Pre-Graduate Program (大学院入学前のプログラム)
アメリカで修士号を取得したいと思う人は多いですが、英語力や文化の違いを心配しています。アメリカの大学院で学ぶためにはスキルが必要です。 このプログラムは、ニューヨーク校でのみ行われている、大学院入学前の準備コースです。MBA などの学位取得のための準備としてスキルを磨き、 学問に励みます。

大学院入学前プログラムで学ぶ項目
● グループ・ディスカッションに積極的に参加する
● チーム・プロジェクトに取り組む
● 図書館やインターネットでリサーチする
● アメリカ式のリサーチペーパーを作成する
● クラスプロジェクトにインターネットのスキルを使う
● 洗練された分かりやすいプレゼンテーションを行う
● 授業中は効率的にノートを取る
● 正確に意味を把握し時間をかけずにリーディングを行う

ベテランの講師が学生のことを中心に考えた画期的な方法で指導します。 大学院で必要なスキルを学びアメリカの大学院で積極的な役割を果たせるようになるためのプログラムです。クラスは小人数制なので各学生に目が行き届きま す。 大学院入学前プログラムの学生は全員、ペース大学の図書館とコンピューター施設を利用できます。

マルチメディア施設では TOEFL や GMAT の準備用ソフトを使用できます。 全学生が大学院入学前プログラム・アドバイザーから大学院出願の書類のアドバイスを受けられます。

大学院入学前のプログラムは、12週(夏期)か14週(春、秋期)です。時間の限られた上級の学 生は6週(夏)、7週(春・秋)です。 以下のリストなどからコースを選べます。F1 ビザの学生は週に18時間の登録が必要です。

・ Pre-Graduate Academic Skills (大学院入学前の学問スキル[週4.5時間])
アメリカの大学院では、批判的に考える能力や、リサーチやライティングスキルが求められます。学生はアメリカのビジネスや文化に関するプロジェクトに取り 組みます。大学院の教授やビジネスの専門家がゲストとして講義を行います。この講義でスキルが完成されます。オンラインでも受講できます。 詳しくはホームページ ELI Academics Home の “Online Courses” をご覧ください。

・ Pre-Graduate Communication Skills (大学院入学前 コミュニケーションスキル[週4.5時間])
学生はグループ・ディスカッションやクラスでのプレゼンテーションのスキルを学びます。 実際の大学院のプロジェクトに取り組み、学んだばかりのリサーチ技術、それをまとめる技術、そしてプレゼンテーションスキルを使います。

・ Online Academic Skills (オンライン・アカデミック・スキルズ)
中上級や上級レベルの学生向けにリーディングやライティングやリサーチのスキルを向上させます。授業はオンラインで行われ、課題やコミュニケーションもイ ンターネット上で行われます。学生は1対1で授業に臨み、短い課題から研究論文が書けるようになるまで個人指導で行います。

・ Case Studies and the Art of Problem Solving (ケース・スタディー&問題解決法)
このコースは MBA プログラムで学ぶ主要な方法であるケース・スタディー・メソッドを中心に行われます。 学生は現実の計算問題や民族問題を題材に、問題の分析方法を個人やグループで学び、解決方法をクラスで発表します。 これらのスキルはビジネススクールで成功するために欠かせないものです。

・ American Business Culture (アメリカ・ビジネス文化)
クラスでのアクティビティやゲスト・スピーカーや映画やインターネットリサーチやチーム・プレゼンテーションを通して、 アメリカのビジネスの習慣や価値観を学びます。ビジネス上の問題を解き、グループとして解決法を発表するチームでの取り組みを中心に進めます。

Link Pre-MBA / Pre-Graduate Program


■ New York City Campus Pre-Undergraduate Program (ニューヨークキャンパス 大学生入学前プログラム)
このプログラムは上級者の学生向けにペース大学や他大学への入学前準備を行います。

・ Academic Writing (アカデミック・ライティング)
このコースの目的は学生に、大学レベルのリーディングとライティングのレベルを紹介することと、アメリカ文化の様々な問題を研究することです。 エッセイを効率的に書くために課題を批判的に読み考えることが求められており、異なった形式のエッセイの書き方を学び、文法力を向上させます。 説得力のあるもの、原因と結果、物語風などです。このコースのほとんどの学生はペース大学で学び、 大学で求められているライティングのレベルに合わせるために利用しています。

・ Academic Skills (アカデミック・スキルズ )
このコースは大学の模擬授業を行い、授業に必要なスキルを学びます。 アメリカ式の研究論文を書き、リーディングのスキルや、テスト戦略、授業をきちんと聞いてノートを取る能力を身につけます。

・ TOEFL Writing (TOEFL ライティング)
TOEFL のエッセイのスキルを学びます。トピックを読み取り、すばやく要点をまとめ、アイデアを膨らませ、パラグラフを作成し、 つなげて、結論付け、転換、編集する技術も含まれます。毎週の宿題を通して、30分の時間内で記述することに自信が持てるようになります。

Link Pre-Undergraduate Program


■ English for Lawyers Program (法律を学ぶ学生のための英語)

法学修士取得を目指す留学生向けに語学と学問のスキルを提供します。法学部での学問を進めるため、アメリカの法律を理解するために必要な英語を学びます。

・ Legal Writing [5 hrs/week] (法律ライティング[週5時間])
このコースでは法律のための英語を書く練習をします。要約し、パラグラフを作成し、説得力をもたせ、法的な形式を持つスキルを学びます。

・ Reading Legal Materials[5 hrs/week] (リーディング・法律文書 [週5時間])
このコースは LLM の法的なテキストを読み進めるための戦略を学びます。

・ American Law and Legal Education[5 hrs/week] (アメリカ法&法律教育 [週5時間])
このコースでは、LLM の留学生に、アメリカの法律理論の調査や、分析、伝統を通してアメリカの法律を紹介します。 さらに、アメリカ連邦制度、アメリカのロースクールのカリキュラム、教育法、試験、採点、学生が求められているものなども学びます。

・ Listening and Speaking Skills for Law School (5 hrs/week)
 (ロースクールでのリスニング&スピーキングスキル [週5時間])

このコースではアメリカのロースクールでの授業のスピーキング・アクティビティを学びます。 質疑応答やディベートやディスカッションやプレゼンテーションなども含まれます。

Link English for Lawyers Program


■ Saturday ESL Program (土曜 ESL プログラム)
このプログラムは土曜日の午前と午後に行われます。 英語のネイティブでない学生を対象に英語力を向上させるための授業です。 クラスはマンハッタンのダウンタウン(シティーホールやブルックリンブリッジのそば)と、ホワイトプレインズ(ノースブロードウエイ78) にあるペース大学のロースクールのキャンパスで行われています。

・ Written English (ライティング)
自分の書いた文章を、編集し修正する方法を学び、文法力を向上させます。

・ TOEFL Preparation (TOEFL 準備)
新しいインターネットでのテスト(IBT)のフォーマットやテスト戦略を学びます。文法とボキャブラリーの復習をします。

・ Spoken English (スピーキング )
個人的や仕事上でのコミュニケーションのためのスピーキングスキルや流暢さを向上させます。
・ Accent Reduction (アクセント・リダクション)
コミュニケーションを妨げることのないように、正しい発音やイントネーション、強弱を学びます。
Link Saturday ESL Program


■ English For Professionals Program (職業用の英語プログラム)

Link English For Professionals Program

職業用の英語のプログラムでは、ネイティブでない学生に実践的なビジネス英語やアメリカのビジネ ス文化を教えます。 すべてのトレーニングは相互的に、能力に基づいて行われ、仕事のパフォーマンスやキャリアアップを目的としています。


■ Winter Program (冬期プログラム)
冬期プログラムは1月に3週間行われます。学生はフルタイムでもパートタイムでも学べます。授業は小規模でベテランの教師により進められます。2つのレベ ルに分かれています(中級と上級)どちらのレベルも文法/ライティングと会話/リスニングのコースがあります。週5日あります。

F1 ビザの学生は ELI に旅行やアクティビティの料金として30ドル払います。F1 ビザの学生はこれらのアクティビティへの出席が必須となっており、アメリカにいる間は少なくとも週に18時間以上 参加する必要があります。

・ Grammar and Writing (文法&ライティング )
学生は、ライティングやテキストブックのエクササイズを通して文法を学びます。ミスの修正方法を学び、提出したライティングを編集し、 見直す過程でライティングのスキルを改善します。

・ Conversation and Listening (会話&リスニング)
学生は流暢な会話とリスニングの理解度を改善します。授業は英語でのコミュニケーションが中心です。 オーディオやビデオやリーディング教材で会話やリスニングスキルを向上させます。
Link Winter Program


■ Online Program (オンラインプログラム)
このコースでは、中上級や上級レベルの学生向けにリーディングやライティングやリサーチのスキルを向上させます。 授業はオンラインで行われ、課題やコミュニケーションもインターネット上で行われます。学生は1対1で授業に臨み、 短い課題から研究論文が書けるようになるまで個人指導で行います。
アメリカの大学入学を希望する学生が対象で、効率的に分かりやすく、説得力を持った文章が書けることを目的としています。
Link Online Program


■ Test Preparation (テスト準備)
GMAT や TOEFL のテストのスキルを学びます。

・ TOEFL Writing (TOEFL ライティング)
TOEFL のエッセイのスキルを学びます。トピックを読み取り、すばやく要点をまとめ、アイデアを膨らませ、パラグラフを作成し、 つなげて、結論付け、転換、編集する技術も含まれます。毎週の宿題を通して、30分の時間内で記述することに自信が持てるようになります。

・ Intro to TOEFL Preparation (TOEFL 準備 入門 )
中級レベルの学生でTOEFL試験を今後受ける予定の方、もしくは基本的なスキルを向上させたい方が対象です。実際に使われたテストを用いて、 さまざまなテスト戦略を学びます。入門クラスなので、基本的な文法やリーディング、リスニングの復習にほとんどの時間を費やします。

・ TOEFL Preparation (TOEFL 準備)
新しいインターネットでのテスト(iBT)のフォーマットやテスト戦略を学びます。文法やボキャブラリーの復習をします。

・ GMAT Preparation (9 hours per week) GMAT 準備(週9時間)
新しいインターネットでのテスト(iBT)のフォーマットやテスト戦略を学びます。文法やボキャブラリーを復習します。数学も含まれます。 ** ネイティブスピーカー向けの GMAT テスト準備は生涯教育の一環です。
Link Test Preparation

 

Page Top


arrow ペー ス大学ウェストチェスター校付属英語学校のプログラム詳細
shadow

Pace University(ペース大学)■ Pace University ELI ウェストチェスター校の集中英語プログラム
あなたが英語を学習する目的が、学問のためでも、キャリアで目標を達成することでも、生活を改善するためでも、ELI コースにお任せ下さい。 文法やライティングの本質を学び、リスニングやスピーキングや発音のスキルを向上させます。さらにリーディングを通してボキャブラリーを強化します。

アドバイザーの協力の元で、以下のリストにあるコースなどから各学生の学習プログラムを選びま す。 F1 ビザの学生は最低でも週に18時間のクラスへの申し込みが必要です。

レベルは4つに分かれています。各レベルを修了するのに7から14週かかります。(夏期は6から 12週です)

● 050 - Advanced Beginner (上初級)
● 060 - Low Intermediate (下中級)
● 070 - High Intermediate (上中級)
● 080 - Advanced (上級)

・ Grammar and Writing (文法&ライティング )
学生は、ライティングやテキストブックのエクササイズを通して文法を学びます。ミスの修正方法や、提出したライティングを編集し、見直す方法を学びま す。

・ Conversation and Listening (会話&リスニング)
流暢な会話とリスニングの理解度を改善します。授業は英語でのコミュニケーションが中心です。 オーディオやビデオやリーディング教材で会話やリスニングスキルを向上させます。

・ Reading and Vocabulary (リーディング&ボキャブラリー )
学生はリーディング技術を学び、ボキャブラリーを増やし、読解力をつけます。 新聞や雑誌の記事や小説やテキストを読み、スキルや技術の実践方法を学びます。

・ Pronunciation - Consonants and Vowels (発音 ― 子音と母音)
正しい音を出すための基本的技術を学びます。母音と子音の形を学びます。個々の問題および共通の問題に取り組みます。 教師は正確な音の出し方を教え、学生に共通する発音の課題を正します。また、学生同士で評価し合うこともあります。

・ Pronunciation - Intonation, Stress and Rhythm (発音 ― イントネーション、強弱、リズム)
英語の音を学びます。イントネーションや音の強弱やその意味を分析します。 言葉や文章の強弱が相手に理解してもらうための重要性についても学びます。英語のリズムを学ぶことで、英語をはっきりと流暢に話せるようになります。

・ Idioms (イディオム)
イディオムを学ぶことで英語を流暢に話せるようになります。ニュースやラジオ番組、歌、ロールプレイ・エクササイズ、プレゼンテーション、雑誌、広告を利 用します。

・ Walking Tours of NY [Summer Only] (ニューヨーク・ウォーキングツアー [夏季のみ])
学生はリサーチ方法やオーガナイズする方法を学び、ニューヨークのいろいろな場所へツアーに出ます。 ニューヨークの魅力的な姿を知ることで、スピーキングやリスニングやプレゼンテーションスキルを実践します。

・ TOEFL and GMAT Preparation (TOEFL & GMAT 準備)
新しいインターネットでのテスト(iBT)のフォーマットやテスト戦略を学びます。 過去問題や練習問題を使って受験技術や時間配分、答えを推測する方法を訓練します。そして文法やボキャブラリーを復習します。(GMAT には数学も含まれます)

・ TOEFL Writing (TOEFL ライティング)
TOEFL のエッセイのスキルを学びます。トピックを読み取り、すばやく要点をまとめ、アイデアを膨らませ、パラグラフを作成し、 つなげて、結論付け、転換、編集する技術も含まれます。毎週の宿題を通して、30分の時間内で記述することに自信が持てるようになります。
Link Intensive English Program


■ Pre-MBA / Pre-Graduate Program (大学院入学前のプログラム)
アメリカで修士号を取得したいと思う人は多いですが、英語力や文化の違いを心配しています。アメリカの大学院で学ぶためにはスキルが必要です。 このプログラムは、ニューヨーク校でのみ行われている、大学院入学前の準備コースです。MBA などの学位取得のための準備としてスキルを磨き、 学問に励みます。

大学院入学前プログラムで学ぶ項目
 ● グループ・ディスカッションに積極的に参加する
 ● チーム・プロジェクトに取り組む
 ● 図書館やインターネットでリサーチする
 ● アメリカ式のリサーチペーパーを作成する
 ● クラスプロジェクトにインターネットのスキルを使う
 ● 洗練された分かりやすいプレゼンテーションを行う
 ● 授業中は効率的にノートを取る
 ● 正確に意味を把握し時間をかけずにリーディングを行う

ベテランの講師が学生のことを中心に考えた画期的な方法で指導します。 大学院で必要なスキルを学びアメリカの大学院で積極的な役割を果たせるようになるためのプログラムです。クラスは小規模なので各学生に目が行き届きます。 大学院入学前プログラムの学生は全員、ペース大学の図書館とコンピューター施設を利用できます。

マルチメディア施設では TOEFL や GMAT の準備用ソフトを使用できます。 全学生が大学院入学前プログラム・アドバイザーから大学院出願の書類のアドバイスを受けられます。

授業は、NY 州のホワイトプレインズにあるペース大学の大学院生センターで行われています。 以下のリストなどからコースを選べます。F1 ビザの学生は週に18時間の登録が必要です。

・ Graduate Academic Skills [6 hours per week] (大学院の学問スキル[週6時間])
アメリカの大学院では、批判的に考える能力や、リサーチやライティングスキルが求められます。学生はアメリカのビジネスや文化に関するプロジェクトに取り 組みます。大学院の教授やビジネスの専門家がゲストとして講義を行います。この講義で学生のスキルは完成されます。 この授業はオンラインでも受講できます。 詳しくはホームページ ELI Academics Home の “Online Courses” をご覧ください。

・ Graduate Communication Skills [6 hours per week] (大学院のコミュニケーションスキル[週6時間])
効果的な口頭でのプレゼンテーション方法をマルチメディアを用いて学びます。 プレゼンテーションをビデオに録画して検証します。正しい発音で文法的に正確に話すための練習をします。
Link Pre-MBA / Pre-Graduate Program


■ Evening ESL Program (イブニング ESL プログラム)
このプログラムの授業は火曜日と木曜日の夕方に行われます。英語のネイティブでない学生を対象に英語力を改善するための授業です。
Link Evening ESL Program


■ Saturday ESL Program (土曜 ESL プログラム)
このプログラムは土曜日の午前と午後に行われます。英語のネイティブでない学生を対象に英語力を改善するための授業です。 クラスはマンハッタンのダウンタウン(シティーホールやブルックリンブリッジのそば)と、 ホワイトプレインズ(ノースブロードウエイ78)にあるペース大学のロースクールのキャンパスで行われています。

・ Written English (ライティング )
自分の書いた文章を、編集し修正する方法を学び、文法力を向上させます。

・ TOEFL Preparation (TOEFL 準備 )
新しいインターネットでのテスト(iBT)のフォーマットやテスト戦略を学びます。文法とボキャブラリーの復習をします。

・ Spoken English (スピーキング)
個人的や仕事上でのコミュニケーションのためのスピーキングスキルや流暢さを向上させます。

・ Accent Reduction (アクセント・リダクション)
コミュニケーションを妨げることのないように、正しい発音やイントネーション、強弱を学びます。
Link Saturday ESL Program


■ English For Professionals Program (職業用の英語プログラム)
職業用の英語のプログラムでは、ネイティブでない学生に実践的なビジネス英語やアメリカのビジネス文化を教えます。 すべてのトレーニングは相互的に、能力に基づいて行われ、仕事のパフォーマンスやキャリアアップを目的としています。
Link English For Professionals Program


■ Online Program (オンラインプログラム)

このコースでは、中上級や上級レベルの学生向けにリーディングやライティングやリサーチのスキルを向上させます。 授業はオンラインで行われ、課題やコミュニケーションもインターネット上で行われます。学生は1対1で授業に臨み、 短い課題から研究論文が書けるようになるまで個人指導で行います。
アメリカの大学への入学を希望する学生が対象で、効率的に分かりやすく、説得力を持った文章が書けることを目的としています。
Link Online Program


■ Test Preparation (テスト準備)
GMAT や TOEFL のテストのスキルを学びます。

・ TOEFL Preparation (TOEFL 準備)
新しいインターネットでのテスト(iBT)のフォーマットやテスト戦略を学びます。文法やボキャブラリーの復習をします。

・ GMAT Preparation (GMAT 準備)
新しいインターネットでのテスト(iBT)のフォーマットやテスト戦略を学びます。文法やボキャブラリーを復習します。数学も含まれます。  ** ネイティブスピーカー向けの GMAT テスト準備は生涯教育の一環です。
Link Test Preparation

Page Top


arrow FAQ (よくある質問)
shadow

Q&A

ELI への入学資格は?

space
Q&A

高校を卒業していて、16歳以上であること。(さらに若い学生はグループでの特別参 加のみ認められます)

  line
Q&A ELI へはいつ入学できますか?
space
Q&A

7通りの方法があります。9月、11月、1月上旬、1月下旬、3月、6月、7月で す。
春と秋には各7週間の学期が2つずつあり、1月には3週間の学期があります。夏には6週間の集中コースや大学入学前プログラム、 大学院入学前プログラムのための学期が2つあります。

  line
Q&A ペー ス大学に入学するには?
space
Q&A

TOEFL を受けていなくても、スコアが低くても、英語力がさらに必要でも、ペース大学に出願する事ができます。 高校の成績や以前の大学の成績が基準に達していれば、1,2学期の ELI プログラムを受講することを条件に認められます。 ELI には出願せず、直接、大学入学事務所へ出願してください。

  line
Q&A ELI の学生の出身地は?
space
Q&A

ニューヨークキャンパスでは、さまざまな国の留学生が学んでいます。 韓国や日本、トルコ、台湾、ポーランド、コロンビアや南米の国々の出身です。

  line
Q&A ELI のクラスの人数は?
space
Q&A

最大で18人ですが、ほとんどのクラスが15人以下です。

  line
Q&A

どのようにクラス分けされるのですか。

space
Q&A

入学許可のない ELI の学生は ELI のクラス分けテストを受けます。 アドバイザーがテスト結果から個人にあったスケジュールを組みます。ペース大学の入学許可のある学生は登録前に大学のクラス分けテストを受けています。 そのテストで ELI コースを受ける必要があるか単位として換算されるクラスをとるかが決まります。

  line
Q&A " 入学許可がある" とは?
space
Q&A

入学許可のある学生とは、学位プログラムに出願し、承認された学生のことです。 入学許可のない学生もコースを受けることができますが、学位プログラムは受けられませんし、学位も取得できません。

  line
Q&A ELI はいくつのレベルに分かれていますか?
space
Q&A

上初級から上級まで主に4つのレベルと細かい8つのレベルに分かれています。 主なレベルの授業は春と秋に14週間、夏に12週間あります。春と秋のコースは2つの細かいレベルに分かれています。 レベル A とレベル B です。レベル A は9月、1月、6月に始まり、レベル B は11月、3月、7月に始まります。 一生懸命勉強し、クラス外でも英語を使う努力をすれば、飛躍的にレベルアップします。

  line
Q&A 集 中プログラムは、大学入学前プログラムや大学院入学前プログラムとどう違うのですか?
space
Q&A

上級レベル(080)では、集中プログラム、大学入学前プログラムや大学院入学前プ ログラムから選ぶことができます。 大学入学前プログラムや大学院入学前プログラムは、学位を取得したい学生向けで、授業の教材(テキストブック、ビデオでの講義など)を使い、 形式的に行われます。集中プログラムは、短期滞在者やアメリカの大学に入学する予定のない方が対象です。 雑誌や新聞などの一般的な教材を用いて形式的でない授業を行います。

  line
Q&A ELI の講師はどのような訓練を受けていますか?
space
Q&A

講師のほとんどは、言語学か、英文学か英語教育の修士号を持っています。 すべての講師が、成人向け英語教育の経験が2年以上あります。大部分の講師が海外での指導経験もあります。

  line
Q&A 教 育方法は?
space
Q&A

正式なプログラムです。コースを終えるためには、学生は授業に出席し全ての宿題を提 出する必要があります。 上級レベルの授業は、大学進学のための科目に基づいて進められます。正式な教材を用いて、さまざまなトピックを学びます。 下のレベルでは、文法や全てのスキルをあわせたコミュニケーション中心の授業です。全てのコースで積極的に会話に参加することが求められています。

  line
Q&A I- 20、F1 ビザとは?
space
Q&A

I-20 とは、学校から発行された公式書類(入学許可証)です。 その学校でのフルタイムのプログラムに参加できるという証明になり、教育に関する費用を払える証明になります。 学校はビザを発行しませんので、I-20 を大使館に提出し、F1(学生)ビザを発行してもらう必要があります。ビザはアメリカ入国の際に必要です。

  line
Q&A F-1 ビザの学生に求められているフルタイム学習とは?
space
Q&A

フルタイムで英語を学ぶ学生は、毎週18時間以上授業に登録しなくてはなりません。 授業は月曜日から木曜日なので、観光やアクティビティに参加する時間はたくさんあります。

  line
Q&A ELI の学生にも住居はありますか?
space
Q&A

フルタイムのELI学生(週16〜20時間)には住居の用意があります。 ニューヨークでは、ニューヨークキャンパスから地下鉄で10分のところにあるブルックリンハイツにあるセントジョージ・レジデンスへ秋と春に入居できま す。 (寮は学位プログラムの学生向けです)夏は、ELI の学生はキャンパスの寮かセントジョージの寮に入居できます。

  line
Q&A

ニューヨークキャンパスとウエストチェスターキャンパスには何がありますか?

space
Q&A

街の中心がいいなら、ニューヨークキャンパスが最適です。 ウォール街近くのマンハッタン南部に位置し、地下鉄やバスも近くに通っています。グリニッジビレッジやソーホーやミッドタウンは10分、 トライベッカは歩いて5分の距離です。ブルックリン橋の隣に大きな2つのビルが建つ都会的なキャンパスで、緑はありません。

  line
Q&A ELI ではサーティフィケイトが取得できますか?
space
Q&A

はい。フルタイムの学生は修了証が取得できます。ELI は大学のコースの一部なので、正式な成績証明書も取得できます。

  line
space
 

FAQ よくある質問
Link http://appserv.pace.edu/execute/page.cfm?doc_id=21463

Page Top


arrow Apprez Links (アプレ役立つリンク集)
shadow

Pace University(ペース大学)■ Costs (授業料)
Link http://appserv.pace.edu/execute/page.cfm?doc_id=26331

■ Program Dates (プログラム日程)
Link http://appserv.pace.edu/execute/page.cfm?doc_id=26298

■ Class Schedule (クラススケジュール)
Link http://appserv.pace.edu/execute/page.cfm?doc_id=26358

■ Apply to ELI (出願方法)
Link http://appserv.pace.edu/execute/page.cfm?doc_id=26384

■ ELI Application Form (ELI 出願書)
Link http://appserv.pace.edu/execute/page.cfm?doc_id=26374

■ Visa Information (ビザ情報)
Link http://appserv.pace.edu/execute/page.cfm?doc_id=26372

■ Transfer to the ELI (ELI に編入・大学編入)
Link http://appserv.pace.edu/execute/page.cfm?doc_id=26370

■ Estimated Expenses (ニューヨークでの留学費用)
Link http://appserv.pace.edu/execute/page.cfm?doc_id=26382

■ Health Insurance (健康保険)
Link http://appserv.pace.edu/execute/page.cfm?doc_id=26250

■ Placement Testing (レベル分けテスト)
Link http://appserv.pace.edu/execute/page.cfm?doc_id=26357

■ Student Life (学生生活)
Link http://appserv.pace.edu/execute/page.cfm?doc_id=21464

■ Contact Information (お問い合わせ)
Link http://appserv.pace.edu/execute/page.cfm?doc_id=21467

* 日本語でのご質問は Apprez (アプレ) にお問い合わせ下さい。
Page Top


ペース大学 基本情報プログラムと専攻科目ELI (付属英語学校)その他の情報


アプレの留学カウンセリングサービス

アプレでは ペース大学 への留学の諸手続を手数料500円で代行しております。
留学前のカウンセリングから、具体的な手続に至るまで、面 倒な手続は一切アプレにお任せください。 経験豊富なベテランのカウンセラーが皆さまの留学のお手伝いを致します。
是非、お気軽にお問合せください。

アプレの留学カウンセリングサービス


  お問い合わせ・資料請求


line
お問い合わせ・留学カウンセリングのご予約 (無料) Tel: 03-5338-0577
Apprez(アプレ) まで
line

Copyrights

shadow